¥1,000

07月07日

質問者さん

線形混合モデルにおけ例数設計について質問させてください。いくつかの論文を読んでいると、線形混合モデルが主解析である論文において、2変量の平均値の差(いわゆるt検定)で例数設計がされている論文と、線形混合モデルを考慮した例数設計(クラス数やクラス中の人数など)がされている論文がを見かけました。後者の方がおそらく正確なのだろうと思いつつ、例数設計が複雑になってしまうようにも思います。前者の方法は、非常にシンプルですが、例数設計の方法として妥当なのでしょうか?ご教示をいただけますと幸いです。

07月08日

Sato Shuntaro|佐藤俊太朗

Sato Shuntaro|佐藤俊太朗さん

ありがとうございます.線形混合効果モデルを考慮した例数設計は,指定する変数や構造の仮定がt検定ベースより多いです.そこまでの情報がなかったり,仮定をおく自信がないため,わたしはt検定ベースのサンプルサイズ設計をしています.NEJMクラスのジャーナルでも許容されていますし,妥当だと認識してます.

Sato Shuntaro|佐藤俊太朗さんに 質問してみましょう!

Sato Shuntaro|佐藤俊太朗

Sato Shuntaro|佐藤俊太朗

生物統計学/疫学の方法論/長崎大学/ 医学系研究のデザインや統計のコンサルが得意です。 共同研究等やお仕事依頼はDMください。 現代疫学(監訳、学術図書出版社)。コメントは個人の見解で組織を代表するものではないです。 質問箱:https://querie.me/user/Shuntarooo31

Tips質問回答方針

Tips額に応じて優先して詳細に回答します。

Tips報酬金額を選択する

(Tips質問者は回答全文をメール受領できます)

¥0(無料質問)

Sato Shuntaro|佐藤俊太朗さんが

回答したTips質問

06月23日

いつもツイート拝見しております。先日の生存時間解析の講義も非常に面白かったです。当方、claim database を用いた臨床研究を行っており、研究のレベルを 一段上げたく、Target trial emulationの実装を試みており、Rでの実装を教えていただきたいです。Control群が「治療なし」の場合を考え、cloning、weighting、censoring を行おうと考えています。 請求データベースを用いて、入院から二日以内に治療を受けた患者をtreatment群に、受けなかった患者をcontrol群にassignし、入院から30日までフォローすると仮定します。アウトカムを死亡とし、hazard ratioとrisk differenceを推定したいです。この場合、一人一日一行でデータセットを作った方が良いのでしょうか?例えば1000人のコホートであれば1000人x30日xクローンで最大6万行のデータセットになりますでしょうか?その上でday1に治療を受ける確率、打ち切りになる確率、day2に治療を受ける確率、打ち切りになる確率、day3以降に打ち切りになる確率を30日分全て求めて日毎にアウトカムを発生する割合を比較するという形になりますか?またその場合、アウトカムの推定モデルはどういった物になりますでしょうか?単純なcoxph を用いて良いような形のデータには思えず、、。実際的なデータハンドリングのステップとhazard ratio及びrisk differenceを推定するための考え方、コードを教えていただけますと幸いです。 宜しくお願いいたします。

¥1,000

07月08日

線形混合モデルにおけ例数設計について質問させてください。いくつかの論文を読んでいると、線形混合モデルが主解析である論文において、2変量の平均値の差(いわゆるt検定)で例数設計がされている論文と、線形混合モデルを考慮した例数設計(クラス数やクラス中の人数など)がされている論文がを見かけました。後者の方がおそらく正確なのだろうと思いつつ、例数設計が複雑になってしまうようにも思います。前者の方法は、非常にシンプルですが、例数設計の方法として妥当なのでしょうか?ご教示をいただけますと幸いです。

¥1,000

いいね!

06月26日

いつも勉強させていただいております。以前に重回帰の変数の正規性と残差についてご質問致しました。この度、論文がAcceptされ、IF4.8の国際誌に掲載されました。先生にご教授いただき解析を進めることができたため、改めてお礼申し上げます。今後先生の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

Sato Shuntaro|佐藤俊太朗さんが

「いいね」した質問

¥1,000

いいね!

06月26日

いつも勉強させていただいております。以前に重回帰の変数の正規性と残差についてご質問致しました。この度、論文がAcceptされ、IF4.8の国際誌に掲載されました。先生にご教授いただき解析を進めることができたため、改めてお礼申し上げます。今後先生の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

いいね!

06月24日

続き質問

非常に勉強になりました。誠にありがとうございます。研究費を獲得して、かつ佐藤先生に面白いと言って頂けるような研究を目指します。

いいね!

06月17日

続き質問

やはり2人以上でやった方がいいと思います。いつもそうしてます。後輩や若手の先生で研究に触れて見たい人など誘ってみてはどうでしょうか? ちなみに司書さんに検索式を見てもらうのも大切です。 シドニー大学 根岸

Sato Shuntaro|佐藤俊太朗さんが

最近答えた質問

07月11日

続き質問

ご回答ありがとうございます。 さしあたり「現代疫学」を購入いたしました。

07月11日

一般化推定方程式を統計解析に用いる時の参考文献として適切なものがあれば教えていただけますでしょうか?

07月11日

疫学者・統計学者とヘルスケア企業の産学連携って需要あると思います?

Sato Shuntaro|佐藤俊太朗さんの

人気回答質問

2023年05月11日

お世話になっております。 お時間のある際にご教示ください。 多変量ロジスティック分析の中にステップワイズ法があるかと思います。 多数ある説明変数の中から機械的に最もモデルが安定する変数を選択する方法と理解しています。 ただ、想定しない説明変数を選択する可能性があるため、いまちいステップワイズ法を使う場面が分かりません。 どのような場面に、ステップワイズ法を用いるのでしょうか? 宜しくお願いいたします。

2023年05月01日

経時的繰り返し測定データの解析における多重比較について質問があります。 介入の有無と時間軸(t0~t2の3点)の2要因の実験なので、ANOVAで解析をしていたのですが、サンプルサイズが小さいため(各群15)ANOVAは不適当じゃないか?という指摘がありました。 そこで一般化線形混合モデル(GLMM)で解析しなおしても同様の結果を得ましたが、多重比較はどうすればいいのでしょうか?調べてみても、対応のある検定には使えないTukey法を使っていることが多く、Bonferroni法は補正値がよくわかりません。補正値は、例えば介入群の変化に興味ある場合はt0,t1,t2での比較なので”3”でいいのでしょうか?それとも、対照群の変化もみるのだから”6”とすべきなのでしょうか? このあたりを学べるサイト・成書があれば教えてください。よろしくお願いいたします。

2023年05月09日

いつも大変勉強させて頂いております。 予後不良因子の探索だけでなく、あるイベントの予測スコアを作成する際にも、複数の因子を単変量解析して、その結果、p値<0.05をとって多変量するという方法は良くなく、正しくは想定される全ての因子を列挙し、最初から多変量解析が望ましいと思っているのですが、いかがでしょうか?