¥2,000

04月10日

質問者さん

石川啄木の「はてしなき議論の後」という詩の中に、世の中について熱く議論を闘わせても革命の声を上げることがない青年達の姿が書かれています。 ①1911年に書かれた詩のようですが、当時の日本は日露戦争に勝って大国の仲間入りをした時期と思います(戦争の人道問題にはここでは触れません)。20世紀前半の日本の中ではかなり豊かな時期だったと思いますが、社会への不満は渦巻いていたのでしょうか。 ②熱い議論に冷水を浴びせるような詩ですが、石川啄木は時代から浮いていたのでしょうか。インテリ的な潮流に正面から殴りかかるような作品は歴史の中にぽつぽつと現れるものなのでしょうか。矛盾しているようですが、インテリ的な態度を批判するのも文学的には王道なのかなと、感想のような疑問を持ちました。 漠然とした質問ですみませんが、よろしくお願いします。

04月10日

東京藝術大学お嬢様部OGOB

東京藝術大学お嬢様部OGOBさん

①1911年は社会主義者の幸徳秋水らが刑死した年にあたります。啄木は社会主義の思想にシンパシーを抱いており、秋水の裁判記録などを熱心に読み込んでいます。5月にはそれをもとに「’V NAROD' SEIES A LETTER FROM PRISON」を執筆し、『はてしなき議論の後』は6月11日の作品です。ですからこの作品は日本の経済事情というよりは、大逆事件による社会主義者の弾圧という政治事情に触発されたものと考えるべきでしょう。ロシアの言葉が出てくるのは啄木が愛読していた社会主義思想家のクロポトキンの影響です。 日露戦争勝利後の経済は停滞気味になっていきます。これまで成長に邁進していた日本経済の伸びがいったん止まったのがこのあたりで、政府への不満が溜まっていった時期です。大逆事件の前には赤旗事件が起きていますが、社会主義にシンパシーを抱く人々が増えました。政府もロシアから賠償金がもらえなかったこと、戦勝したことにより軍事費のブレーキが利きにくくなってしまったことなどで、外債が膨らみ、収支のバランスが悪化したままの状況でした。戦費調達の特別税が恒久的なものに変えられて、苦しい時代だったと思います。日本が豊かになるのは第一次世界大戦の好景気を待たなければなりません。当時は国際社会から一目置かれるようになっただけで、前提としてそこまで裕福な国ではなかったです。 ②社会主義に傾倒するあたり、時代からは浮いていたと言えます。大正デモクラシーでも何でもない思想の自由云々の時代の前なので、その時点で浮いていたのは間違いないです。啄木は今でいう高校中退の学歴で東京に出ました。帝国大学出のインテリへの対抗意識はあったのではないでしょうか。彼らは民衆のためではなく出世のためにその知を使い、民衆のために活動しようとする社会思想家を弾圧しているのであって、義憤が溜まっていたのだろうと思いますが、その感情自体は当時では珍しくないと思います。権力批判という観点からすれば時代の申し子であり、独特なことをしている個性とまでは言えないでしょう。おっしゃる通り、インテリ的な態度を批判することは文学では王道ですし、世界中でよく見かけます。

東京藝術大学お嬢様部OGOBさんに 質問してみましょう!

東京藝術大学お嬢様部OGOB

東京藝術大学お嬢様部OGOB

藝大についての回答は内容が古くなるのであまり答えられませんが、気軽によろしくお願いいたします。

Tips質問回答方針

Tips額に応じて優先して詳細に回答します。

Tips報酬金額を選択する

(Tips質問者は回答全文をメール受領できます)

¥0(無料質問)

東京藝術大学お嬢様部OGOBさんが

回答したTips質問

¥2,000

05月03日

「東京喰種:re」の主人公の部下が下記4人となります。 瓜江久生(うりえくき) 不知吟士(しらずぎんし) 米林才子(よねばやしさいこ) 六月透(むつきとおる) 瓜江ってウリエルみたいだなと思っていたら、じゃあ不知吟士はペテロかと。そう思うと残りの2人もキリスト教関係かと思い、あれこれ調べましたが、それらしい由来が出てきません。物語の終盤で主人公が作る組織の名前も「黒山羊」なので、やはりキリスト教関係かなと思いつつ、関係ないのかなと思いつつ、ここ数年ことあるごとに思い出しています。何か心当たりありませんか。

¥2,000

04月10日

石川啄木の「はてしなき議論の後」という詩の中に、世の中について熱く議論を闘わせても革命の声を上げることがない青年達の姿が書かれています。 ①1911年に書かれた詩のようですが、当時の日本は日露戦争に勝って大国の仲間入りをした時期と思います(戦争の人道問題にはここでは触れません)。20世紀前半の日本の中ではかなり豊かな時期だったと思いますが、社会への不満は渦巻いていたのでしょうか。 ②熱い議論に冷水を浴びせるような詩ですが、石川啄木は時代から浮いていたのでしょうか。インテリ的な潮流に正面から殴りかかるような作品は歴史の中にぽつぽつと現れるものなのでしょうか。矛盾しているようですが、インテリ的な態度を批判するのも文学的には王道なのかなと、感想のような疑問を持ちました。 漠然とした質問ですみませんが、よろしくお願いします。

¥2,000

02月27日

ロバート・キャパ撮影の《崩れ落ちる兵士》が戦闘中ではなく演習中、もしくはただ単に転んだ瞬間を撮ったものだろうという投稿について、その根拠を教えてください。ロバート・キャパを信奉しているわけではないですが、写真との向き合いの方の参考にしたいと思います。また今後、生成AIによってリアルな映像が氾濫するようになった際には真実という概念が崩壊するのでしょうか。それとも、どこから発信された情報を信じるか(政府・大学・SNS)という判断が思想と化して、世の中の分断が深まるのでしょうか。併せて考察をお願いします。

東京藝術大学お嬢様部OGOBさんが

「いいね」した質問

いいね!

2022年06月17日

続き質問

ご丁寧にありがとうございます!大変参考になりました。アドバイスをもとに学習計画を立ててみます。

いいね!

2022年06月17日

続き質問

知識があると困難の乗り越え方も変わってるくると思わせる素敵な御回答、ありがとうございます。 創作される方は私達が想像もつかない異なる困難があるかと思いますが、陰ながら応援しております。 早速2つ心がけてみます!ありがとうございます!

東京藝術大学お嬢様部OGOBさんが

最近答えた質問

38分前

良い人に囲まれていると、段々自分の絵が良い物のように思え、自分自身すら優れて美しい人間のようについ思えてしまうのですが、一方で並いる大家の晩年期のように正当な評価を求める事をやめ、自己撞着の夢の中で形状が違う物をひたすら作り続けているだけだ、と気付いてしまう時がふとあり、中々SNSで変人を衒った呟きをする、でもこれは人間なのでしょうか?誰も何も教えてはくれない、幸運な事に清き心を持った友人に出会ったのは本当に良い事ですが、気付いてはくれない、私の暴飲暴食を誰も知らぬのが辛いです。それはそれで、大家の晩年期の作品が変な物に見えるのは、美術の正統派から外れているからなのか、それとも単にクソなのか、高見様の高踏なご解説をいただきたいですわ。時に由緒ある絵画は映えているから歴史に名が残っているという説もあるのでは。そもそも絵画と映えはどう関連していますの?誠によろしくお願い申し上げますですわ。

44分前

佐藤康宏氏の『絵は語り始めるだろうか』を読みました。非常に面白かったです。 ノーマン・ブライソン氏の論考を訳した、「言説、形象」のように、絵画の意味構造を考察するような書籍や論文があれば教えてほしいです。また、あのような手法は、美術史学では何と呼ばれているのでしょうか?ニューアートヒストリーに含まれているのでしょうか?

20時間前

先ほど、「大吉原展」に行ってきました。いつもガラガラの藝大美術館が激混みで、おハーブでしたわ。 歌麿の《青楼六家選 松葉屋粧ひ》に顕著に現れていましたが、遊女と客の手紙のやりとりのような知的な部分や、身だしなみ、芸の修練などがクローズアップされ、遊女の職業人としての矜持を表現した展示と受け止めました。 この展示に関し、「搾取の実態が描かれていない」といった批判を何回か見かけましたが、むしろそういった、なんでもかんでも性的搾取に結びつける風潮へのアンサーではないのかと。 長々と書いてしまいましたが、お嬢様はどう思いましたか?

東京藝術大学お嬢様部OGOBさんの

人気回答質問

2023年05月01日

ジャン・コクトーは好きですか?

2022年12月09日

続き質問

上野公園でそれなりに旨いコーヒーをテイクアウトできる店知りませんか? セブンと激込みのスタバしか無くていつも困っています

2023年04月18日

屏風絵の対立構造って、龍vs虎ばかりでつまんないですわ。 もっと他の動物が対峙してるものがあったら、教えていただきたいですわ。