09月23日

質問者さん

激務な世界って、実際に周りで亡くなってる方とかいるんですか?それとも、命などを優先して転職してる方ばかりなのでしょうか。

09月23日

ネル

ネルさん

ファクトフルネスに基づいてお答えします。 まず、ざっくりとした10万人当たりの年間死者数は以下のとおりです。 柔道部 2.8 出産 3.3 運転 5.2 激務 150 詳細を見ていきましょう。 学校の部活動でも死者は出ます。部活動の中で最も死傷者数が多いのが柔道だといわれており、毎年数名の死者がいます。2010年頃の調査によると、高校の柔道部では10万人当たり2.8人程度の死者が出ているそうです。 次に、「命がけ」のイメージのある妊娠・出産ですが、こちらの10万人当たり死者数は3.3人です。こちらは厚生労働省が毎年発表しております。医療の発展とともに年々低下しており、1920年頃に300人、1960年頃に100人、2019年に3.3人になっています。 死者数が多いイメージのある自動車ですが、死亡事故は10万人当たり5.4人です。交通事故死数が3,215人、免許保有者数が8,200万人、ペーパードライバー率が28%という数値からざっくり計算したものです。自動車によって歩行者が殺されているケースも多いので、実際にはもう少し分母が大きいと思われます。 最後に、過労死です。過労死の大半(9割以上)が男性ですので、男性のみで考えます。仕事に関連した事由での自殺が年間2,000人程度、労災だと認められた脳・心臓病による突然死が年間1,500人です。労災だと認められるハードルはまあまあ高いようですので、実際にはこの数倍くらいの過労死があると思われます。また、月80時間以上の残業をしている成人男性は400万人程度だといわれています(労災だと認められた事案は、この過労死ラインを上回っていることが多いです)。これらから計算すると、月80時間以上の残業をしている成人男性の過労死者数は、10万人当たり150名程度になります。 さて、いただいたご質問に戻ります。激務の致死率は0.15%程度であり、そんなに頻繁に死者が出るわけではありません。また、いわゆるエリートは精神的にタフであることが多いので、この比率よりはだいぶん致死率が低いです。 私自身を例にとっても、「同業他社から死者が出た」とか、「昔の従業員が40代で突然死したらしい」みたいなニュースを聞くことはありますが、直接の知り合いが亡くなった事例はまだありません。ただ、まだないだけで、これから出てくる可能性は十分にあると思っています。もちろん、私自身が過労で死ぬ可能性もゼロではないと思っています。

ネルさんに
質問してみましょう!

社会人ゲーマー。質問箱の回答数は約10,000件です。

有料Tips質問回答方針

詳しいご質問ほど、詳しい回答ができます。ご質問の前提や背景、解決したいことなどを明確化していただけますと幸いです。

Tips報酬金額を選択する

¥0(無料質問)

ネルさんが

回答した有料Tips質問

¥200

05月09日

M&Aは、なぜ重要になるのでしょうか? 日本電産などはM&Aがうまい会社として頻繁に話題になっていることから、会社の経営の巧拙を決定される材料になるほど重要度は極めて高いと言えるのではないかと思います。 従来内部の経営リソースだけだと徐々にしか変えられない、薬に例えるなら漢方薬的な効果しかないところに対して、外科的手術により一気に効果を出すための手段がM&Aなのではないかと認識しておりますが、違和感ございますでしょうか。

ネルさんが

最近答えた質問

3時間前

暇空茜氏とcolaboとの闘い、ネルさんはどのようにご覧になっていますか?

5時間前

続き質問

パチスロいいですよ 高確率でトイレが綺麗なので出先で用を足したくなったらオススメです

5時間前

パチスロの果物はなんでスイカとチェリーなんですか?

ネルさんの

人気回答質問

11月26日

外資系が激務なのは分かるんですけど、何で人員を増やさないんですかね?人員を増やすと、余計に人件費がかかって給料が下がるリスクがあるからですか?それとも、人員増で解決できる様な仕事ではないから?

11月26日

こんにちは。現在、大学生の者です。 ネルさんは、人生で成功するために必要な要素は何だと思いますか? 私はこれまで世間的に優れているとされる道を歩いてきたという自負があります。所属する大学は偏差値の高いとされる大学です。また、先日外資IBDからも内定を頂きました。客観的に見れば、「エリート」や「優秀」とされる人生を歩んでいるかと思います。しかし、その一方で、現在、幸福感や人生の面白みのようなものをそれほど感じることができておりません。私は無能なので、このような人生を歩むためには相応の努力が必要で、ほかの平均的な学生のように娯楽や趣味、恋愛などに対してそれほど多くの時間を費やすことができませんでした。おそらく大学を卒業して入社した後も、仕事に忙殺される日々が続くため、自身の幸福に繋がるものを享受することは難しいのではと思っております。したがって、人生で成功するために必要なことは、難関大学に合格するための学力や就活で内定を取るための能力などではなかったと思い始めております。このようなことを成し遂げる努力を積み重ねるよりも、友人や恋人との時間を大切にしたり、趣味に没頭したりすることなどの方が自身の幸福に繋がるのではないかとも思います。 ネルさんは、人生で成功するためにはどのような要素が必要だと考えますか?お手隙の際にでもご回答いただけますと幸いです。

11月25日

先程、入社したいと思ってる会社がベンチャーかという質問を送ったのですが身バレが怖いので、もしお答えしていただけるのであればこちらで教えていただけますと助かります...