🎉 回答者が「いい質問」に選出しました 🎉

¥1,000

07月29日

質問者さん

大手企業の中堅社員です。兼務先の部署の仕事が質・量の両面で自分の力量を超えていて、対応を続けて行くことに限界を感じています。このことを上司にどう伝えるか迷っているのですが、アドバイスいただけないでしょうか。 兼務はこの4月から始まり(お恥ずかしい話、まだ上司と前任者と一緒に働いていて、小間使いくらいの働きしかできていないレベルです)、私は中堅社員なので、初めての仕事とは言え(それなりに)期待に応える水準の業務を遂行することが求められているのですが、どうも無理そうです。何の役にも立てていない段階なのにかなり参ってしまっています。論点が全くわからず、適時適切なタイミングで質問することも難しいです。 信頼のおける主務先の上司には、つい先日「ポジティブにこの状況を乗り切るには(キリッ」みたいな相談をしていますが、メンタルにややキテいることは伝えていません。主務先での評価は良く、上司からは次は管理職目指していこうといったことも言われ、そのための機会も与えてもらっている状況です。また、働いていてやりがいも感じているのでこの職場での仕事を続けていきたい気持ちはあるのですが、兼務先の仕事がめちゃくちゃ憂鬱です(最近、兼務先での会議に出ると、オドオドして声が細く弱くなってしまいます。よくないとは思っているのですが)。 定例会議が遅い時間に頻繁に入っていてその場で回答を求められたり(当意即妙なやり取りが不得手なので、前任者で爆上がりした期待値をどうコントロールするかとても悩ましいです )、色々な締切が次々にやってくる類の業務だったりすることも、心身の負荷になっているのだと思います。

07月31日

中田:‖

中田:‖さん

大変お辛そうですね。私も似たような状況に陥ったことがあるのでトラウマが思い起こされて脂汗が出てしまいました。 結論から申せば、早くその「信頼のおける主務先の上司」に勇気を出して「そろそろヤバい」「いや実はもうヤバい」と相談した方がよいと思います。少なからぬ人がこの兼務先の状況「だけ」で苦しんでいて逃げ場がない中、質問者さんは主務先という有力な逃げ場が用意されているので使わない手はありません。なんなら「兼務」という制度自体が、往々にして会社としては”兼務先に使えるかどうかのお試し”として利用していることが多いものです。完全に異動させてしまうとその社員が使えなかったときに困るので、兼務ということにして使えるかどうかを試しているのです。したがって「やっぱ兼務先ではダメでしたサーセン」という状況に陥ることは会社としても想定しているはずですし、想定していなければなりません。 そもそも「兼務」って、本人が激務になってしまっては不当なんですよね。兼務しても仕事ばかり増えて給料が増えていないのではありませんか?それは理不尽極まりないので、兼務させる以上は会社にも本人にもメリットがある形にせねばなりません。メリットのある形の一例としては、双方の部署が「他の部署の仕事が忙しいのだろう」と思ってくれてそんなに大量の仕事が降ってくるわけではなく、なおかつ1人が兼務していることによって双方のコミュニケーションが円滑になってプロジェクトが成功裏に終わる、などの形です(実際にそういう理想的な兼務を一瞬だけ経験したことがあります。ちなみに、本人の仕事は減るがシナジーはないという逆のパターンもあり、これは本人だけ会社のリソースを収奪しているパターンということになります)。逆に兼務することによる組織的なシナジーがなく、単に独立した仕事が2倍になるだけのような兼務は最悪です。質問者さんの場合はどうなのかはわかりませんが、少なくとも兼務先で心身が疲弊する状態になっているのであればあまり組織的にも個人的にもメリットが得られていないのではないでしょうか。 というわけで、「兼務先ではお恥ずかしながらバリューを出せていませんし、今後も出せる自信がありません。この主務先で頑張りますので兼務を解消させてもらえませんでしょうか」と申し出てみるとよいと思います。場合によっては兼務先の上司と取り次いでくれて、「実は悩んでいるのではないかと心配していたので、もっと丁寧にフォローさせてほしい、だからもう少し兼務を続けないか」のようなオファーがあるかもしれませんし、あるいは「そうだよな、君が活躍できる場所はここではないと思っていた」とあっさり受け入れてくれるかもしれません。ともかくこのままずるずると疲弊し続けていくのが最もダメなパターンですので、まだ勇気を出す心のエネルギーが残っているうちに相談しましょう。

中田:‖さんに
質問してみましょう!

中田:‖

中田:‖

サラリーマン。一児の父。金融周りのメモと育児関連のつぶやきと読んだ本の感想とマンションの情報収集のツイートが多めです。たまに映画関連。 質問箱炎上芸人:https://t.co/KH6FrxmCR5

有料Tips質問回答方針

Tipsは参照しますが必ずしもご回答できるとは限りませんのでご了承ください。過去に頂いた約2,500件のご質問の回答率は40%程度です。質問を他の人に見られたくない場合は非公開質問のご利用もご検討ください。なお、普通に匿名アカウントから直接DM頂いても構いません。

Tips報酬金額を選択する

¥0(無料質問)

中田:‖さんが

回答した有料Tips質問

¥2,000

04月23日

以前、質問箱に回答いただきました。ありがとうございました。取り急ぎ御礼まで。

¥1,000

いいね!

07月31日

大手企業の中堅社員です。兼務先の部署の仕事が質・量の両面で自分の力量を超えていて、対応を続けて行くことに限界を感じています。このことを上司にどう伝えるか迷っているのですが、アドバイスいただけないでしょうか。 兼務はこの4月から始まり(お恥ずかしい話、まだ上司と前任者と一緒に働いていて、小間使いくらいの働きしかできていないレベルです)、私は中堅社員なので、初めての仕事とは言え(それなりに)期待に応える水準の業務を遂行することが求められているのですが、どうも無理そうです。何の役にも立てていない段階なのにかなり参ってしまっています。論点が全くわからず、適時適切なタイミングで質問することも難しいです。 信頼のおける主務先の上司には、つい先日「ポジティブにこの状況を乗り切るには(キリッ」みたいな相談をしていますが、メンタルにややキテいることは伝えていません。主務先での評価は良く、上司からは次は管理職目指していこうといったことも言われ、そのための機会も与えてもらっている状況です。また、働いていてやりがいも感じているのでこの職場での仕事を続けていきたい気持ちはあるのですが、兼務先の仕事がめちゃくちゃ憂鬱です(最近、兼務先での会議に出ると、オドオドして声が細く弱くなってしまいます。よくないとは思っているのですが)。 定例会議が遅い時間に頻繁に入っていてその場で回答を求められたり(当意即妙なやり取りが不得手なので、前任者で爆上がりした期待値をどうコントロールするかとても悩ましいです )、色々な締切が次々にやってくる類の業務だったりすることも、心身の負荷になっているのだと思います。

¥1,000

04月20日

続き質問

その節はありがとうございました! その後、無事円満に退職し、新たな職場で働き始めました。 この回答に救われ、くまちゃんさんに投げ銭機能追加を提案したのです。 こうして中田さんに御礼できて良かったです。 今後ともツイート楽しみにしております!!

中田:‖さんが

「いいね」した質問

いいね!

3時間前

桃を冷蔵庫で保管すると甘みが半減してしまうので注意してください、、、

いいね!

08月11日

最近、恋愛はタイミングだなと思うことがありました。 話は2年前に遡ります。 当時2個下19歳の彼女がいました。 彼女が色んなことを細かく指摘してくることに耐えられず、私から別れを切り出しました。「貴方とは結婚を考えられない」とも言いました。 その後数人と付き合ったり社会人経験を積んでいると、彼女から指摘されたことを周りにも指摘されるではありませんか。私自身のマイペースさが故の指摘なのですが、私の周りの人は私のマイペースさに呆れ、離れていきました。 ここでようやく、当時の彼女は一般的な常識を言っていたのであり、私が未熟だったと気付きました。マイペースさを許しつつも、社会で生きていくために根気強く指摘してくれた唯一の子を逃してしまったと後悔しました。 あの子以上の子はいなかった、できれば復縁したいと思い彼女のSNSを探したのですが、時すでに遅しです。彼女は結婚していました。 あの時自分の未熟さに気づいていれば、と物凄く後悔しました。 彼女は19歳と思えないほど達観していて、周りの状況も瞬時に把握して行動できる子だったのですが、私が子供すぎて価値観が合わないとしか思っていませんでした。 今では、彼女の言っていたことが理解できます。 タイムマシンがあれば、今の成長した姿で当時の彼女と接したいです。絶対離さないのに…

いいね!

08月07日

続き質問

その節はありがとうございました。 とりあえず詳細は省きますが、結果的に彼女の物理的な負担は無くせる感じになりそうです。 中田さんのおかげで先輩本人+他メンバーと本音で直接話し合うことができました 正直、やや彼女の働きぶりを疎ましく感じていた自分がいたようで… しかしそれは私が無意識に「加害者的なポジション」に陥らされたという錯覚を抱いていたからだと気付かされまして…認知の歪みを正せました。 本当にどうもありがとうございました。 主語を「私」に変えて話したら、なぜか急に先輩が本音を吐露してくれるようになって驚きましたが、 これも詳細省きますが、そりゃ先輩も頑なになっちゃうよな〜という感じの本音を聞けて、個人的なしこりも融解しました。 私や他メンがお伝えした内容は結果的にはほとんど同じことなのにも関わらず、主語を「私」に変えただけでいきなり先輩にこちらの言葉を受け入れてもらえるようになり、すごく不思議です…ですが、本当に中田さんのアドバイスが役立ちました。 あまり他人の感情の機微に敏感ではない方なので、今後はもっとこういうテクニックを沢山覚えていきたいと思いました(もしおすすめの本や動画があれば教えて頂けると嬉しいです…!) 最後ただの感想と要望ですみません。 とにかく、とても助かりました。 割とまじで中田さんのおかげで母体と胎児が救われたと思いますし、何より私自身とても人間的な成長ができそうな気配を感じています 神アドバイスどうもありがとうございました。

中田:‖さんが

最近答えた質問

いいね!

3時間前

桃を冷蔵庫で保管すると甘みが半減してしまうので注意してください、、、

6時間前

続き質問

お子さんの名付けで参考にした本を紹介してほしいです!

12時間前

出版社の話をツイートされていましたが、中田さんお気に入りの出版社、できればあまり買いたくない出版社はそれぞれありますか? 私はお気に入りは特にありませんが、KADOKAWAやサンマーク出版はその文字列を見ただけで少し体調が悪くなります。

中田:‖さんの

人気回答質問

08月11日

入社一年目です。 採用面接で嘘をついてしまってそれが評価されて入社してしまいました。周りの期待も高めてしまい、引くに引けない状況となってしまいました。どうしたら良いでしょうか。

08月11日

外資金融の人とか、もうお金たくさんあるだろうし能力抜群に高いから、政界なり行政幹部なりに来て腐った日本を変えて欲しいです。考えたことはありますか?

いいね!

08月11日

最近、恋愛はタイミングだなと思うことがありました。 話は2年前に遡ります。 当時2個下19歳の彼女がいました。 彼女が色んなことを細かく指摘してくることに耐えられず、私から別れを切り出しました。「貴方とは結婚を考えられない」とも言いました。 その後数人と付き合ったり社会人経験を積んでいると、彼女から指摘されたことを周りにも指摘されるではありませんか。私自身のマイペースさが故の指摘なのですが、私の周りの人は私のマイペースさに呆れ、離れていきました。 ここでようやく、当時の彼女は一般的な常識を言っていたのであり、私が未熟だったと気付きました。マイペースさを許しつつも、社会で生きていくために根気強く指摘してくれた唯一の子を逃してしまったと後悔しました。 あの子以上の子はいなかった、できれば復縁したいと思い彼女のSNSを探したのですが、時すでに遅しです。彼女は結婚していました。 あの時自分の未熟さに気づいていれば、と物凄く後悔しました。 彼女は19歳と思えないほど達観していて、周りの状況も瞬時に把握して行動できる子だったのですが、私が子供すぎて価値観が合わないとしか思っていませんでした。 今では、彼女の言っていたことが理解できます。 タイムマシンがあれば、今の成長した姿で当時の彼女と接したいです。絶対離さないのに…